Author: taikenn
    • 火曜日, 12月 18th, 2012



    子育てにNLPが役立っているという事例を一つご紹介します。


    おともと、子育てのためにNLPを学んだわけではないのですが、
    結果的に子育てに役立った事例です。そsjひて、この事例から
    本質的なことを学ぶことで、人生や仕事で役立てることができます。


    では、具体的な内容をお伝えします。
    子育てにNLPが役立ったという女性は、子供の行動に
    フォーカスすることで、観察しやすくなったと話します。


    「どうして、こんなことをするの」と怒りに震えることもあったのですが、
    NLPセミナーで学んだ、肯定的意図について学んでからは、
    次のように考えるようになったそうです。


    「この行動を取る理由があるとしたら何か?」


    この質問はNLPの肯定的意図を前提にしています。
    行動するには、行動するだけの理由(動機)があるということです。


    ・満たされない感情を満たすため
    ・深いレベルの思い込みがそうさせている
    ・とても強く働いている欲求がある

    などです。



    ここで大切なのは、人が行動を起こす時、
    行動する動機があるということです。


    ・動機が今起きたのか?
    ・昔からあった信念がそうさせているのか?
    ・ずっとそうしようと考えていたことなのか?
    ・変えたいけれど変えられずにいる行動なのか?


    など、行動する理由は様々です。
    ですので、冷静に観察し、


    「この行動を取る理由があるとしたら何か?」
    「何が、このような行動を取らせているのか?」


    という視点で考えることが重要です。
    NLPを子育てで役立てている女性は、それを常に大切にして、
    行動にフォーカスして、子供を観察しているそうです。


    すると、勢いや感情で怒る前に、
    しっかりと子供の気持ちに向き合うことができるようになったそうです。


    Author: taikenn
    • 土曜日, 10月 27th, 2012



    あなたはリラックスする時間を持っていますか?


    実は、深くリラックスする時間はとても大切です。
    なぜかというと、リラックスすることであなたは3つの大きな
    メリットを手にすることができます。


    1、自分の内側と向きあうことができる
    2,あなたの深い部分からのアイデアを得ることができる
    3、潜在意識の力を活用することができる


    しかし、忙しい方はリラックスする時間を欲しいと思っていても、
    ・リラックスするためにどうしたらいいのか?
    ・リラックスする時間を作れない


    とお感じの方も多くいらっしゃいます。
    ですので、NLPセミナーで学ぶ内容をご紹介します。


    まず、NLPセミナーに出ることで、リラックスするための時間は、
    長くとれたらベストですが、最低絵もあなたの人生を豊かにするための
    時間として、「5分」だけは欲しいところです・


    「5分」というのは、NLPセミナーで教わる時間ではありません。
    しかし、ほんの少しの短い時間でも、あなたがリラックスして、
    何も考えない・心に目をむける・心の深い部分からのアイデに意識を向ける
    ということが、どれだけ大切かを実感します。


    特に、NLPセミナーの中で行う、催眠の時間などは、
    特にそれをお感じになれます。


    では、どうやってリラックスするのがいいのか?
    一番いいのは、呼吸です。


    NLPセミナーでは、リラックスする時は、深呼吸を行ないます。
    ですので、あなたもリラックスするために、呼吸をしながら、
    呼吸に意識を向けることで、次第にリラックスしてきます。


    付け加えるなら、身体も力を入れてから脱力すると、
    とてもリラックスしやすくなります。


    Author: taikenn
    • 土曜日, 8月 25th, 2012



    あなたの中に無意識に影響を与えるビリーフ、
    良くも悪くも、あなたが無意識レベルで信じていることが、
    あなたの現実になっていきます。


    具体的には、思い込みといってもいいのですが、あなたの信念です。
    心の中で何を信じているのか?信じているもので、あなたの思考、行動、
    感情が大きく変わってきますので。とても重要です。



    例えば、「自分には無理、私には厳しい、どう考えてもきついですよ」
    などの様々な思い込みや思考がありますが、どれもあなたが持っている
    ビリーフが作用している結果です。


    では、NLPではこの状態をどのようにしていくのでしょうか?
    そこで出てくるのが、ビリーフチェンジプログラムというNLPのスキルです。


    ビリーフチェンジプログラムを行うことで、あなたが無理だと思いがちな
    否定的な思い込みをお持ちだとしたら、それを段々とプラスにしていく
    ことが出来ます。

    もしも、子育てでそれを行うことができたとしたらいかがでしょうか?

    とてもいいですよね。やり方はシンプルです。
    まずは、何かを決めます。


    朝起きた時に、その日一日のことか、
    夜に寝る前に、翌日の一日のことを決めます。


    「私は、◯◯をする」と決めます。
    そして、実際に行います。


    これは、潜在意識レベルでは、あなたの自信を育んでいます。
    人間関係と同じです。決めたことをやることで、信頼や自信が
    育まれていきます。

    しかし、やらなければ、約束を破っていることになります。
    そして、それは信頼や自信を牛な言うことにつながります。


    NLPのビリーフチェンジプログラムとは、初歩レベルでは、
    確実に行うことのできるものを決めて、それを実行していくことで、
    少しづつ、ビリーフが変わり始めます。

    その効果は、続けるほどに絶大です。
    是非、NLPのビリーフチェンジプログラムをお試しください。


    Author: taikenn
    • 月曜日, 6月 25th, 2012



    あなたは笑顔を作れているか?


    子どもとのコミュニケーション、
    仕事でのコミュニケーション
    あらゆる人間関係やコミュニケーションにおいて、
    あなたは、どのような表情で接していますか?



    以前に、笑顔についてお話しました。
    今回は、笑顔について別の角度からお伝えしていきます。

    「あなたの笑顔が、あなたのコミュニケーション能力と
     相手の反応を高めてくれる」という話です。



    もし仮に、あなたがNLPのコミュニケーションスキルを学び、
    コミュニケーションで最低限度の社交性や、信頼関係を
    築けるようになったとします。


    この時に、NLPのコミュニケーションスキルを学んでいることで、
    さらに、深いラポールを築くことができますが、その効果を
    より「高めることができ、より早く、スムーズにすることが出来るのが
    笑顔なのです。


    例えば、赤ちゃんに対して話しかける時、
    言葉が汚くても、笑顔で話しかけることで、
    赤ちゃんに伝わるのは、楽しい雰囲気です。

    つまり、NLPでいう非言語が伝わっています。
    言語も大切ですが、言語や非言語という枠を取り払って、
    考えてみますと、大切なのは、雰囲気作りなのです。


    そして、雰囲気作りで大切なのは、表情です。
    NLPの代表システムでは、V・A・Kという人間の持つ感覚
    について学ぶことができますが、どの感覚が強い方でも、
    視覚をよく使うのは共通しているからかもしれません。


    とにかく、表情で雰囲気を作り、心理面で打ち解けることが
    出来れば、NLPのコミュニケーションスキルをより効果的に、
    活用することができ、相手との人関係の距離を縮めることができます。


    Author: taikenn
    • 木曜日, 4月 19th, 2012



    NLP資格のセミナーを学んでいくと、コミュニケーションに関する
    学びを得ることができる。ということは、既にご存知かと思います。


    では、NLPのコミュニケーションスキルを学ぶことで、
    何を得ることができるのでしょうか?


    たくさんのことを学ぶことができますが、
    共通して大切な本質があります。それは何だと思いますか?
    それは、人の心へ寄り添うことです。


    ・人間関係
    ・コミュニケーション
    ・仕事
    ・マネジメント
    ・コーチング
    ・悩み相談
    ・子育て


    など、人と関わる時にとても大切です。
    そして、相手の心に寄り添うスキルを持つことで、
    深い信頼関係を築くことができるようになります。


    そして、寄り添い方を学ぶことで、いろいろなタイプの人と
    やり取りをすることができるようになります。では、
    やり取りの仕方とは何でしょうか?


    それは、以下の要素が大切になります。


    ・NLPのラポールスキルなど
    ・信頼関係を築く
    ・雰囲気や空気を作る


    土台として大切なことは、ラポールを築くことです。
    (NLPでいう信頼関係です)


    そして、関わり方として、相手に合わせて
    コミュニケーションを取ります。
    (ペーシングなどのラポールスキル)


    しかし、それだけですと、越えられない壁が存在することもあります。
    相手が、心を開けるかどうかは、空気や雰囲気に関係しています。
    相手に合わせた雰囲気へのペーシング、相手の感情へのペーシング、
    会話の流れや内容へのペーシングなどが必要です。


    しかし、それを行った時に、今まで以上に相手に寄り添うことができ、
    信頼を得ることができるようになります。


    Author: taikenn
    • 日曜日, 2月 19th, 2012



    まずは、話を聞くということが大切です。


    もしも、コミュニケーション能力に関して自信がないと
    お感じでしたら、傾聴をすることで、とても会話が楽になります。

    まずは、一つづつお伝えいたしますので、是非、お読みください。
    会話能力、コミュニケーション能力に自信がない、口下手である。
    相手の気持が分からない、というような方には、
    是非、知っていただきたいことです。


    具体的には、次のようなことを行なうと、
    相手とスムースに会話ができて、口下手とかに関係なく、
    コミュニケーションを取ることができるようになります。

    NLP資格のセミナーを学ぶ方には、会話やコミュニケーションが
    得意ではないという方も少なくありません。しかし、NLPを学んで、
    実践していくいうちに変化が始まります。

    その変化とは会話やコミュニケーションに対する恐れや不安、
    コンプレックスが変化しはじめて、会話やコミュニケーションを
    自然に取れるようになってきます。

    この場合の自然とは、構えることなくコミュニケーションを
    取れるようになってくるということです。


    では、NLPを使っての変化の一つをご紹介します。
    それは、相手の話を聴くということです。

    最初は相手の話を聴くために、質問をして、
    その質問の中で、スムーズに会話やコミュニケーションを
    取ることが出来るのです。相手が、余程の人見知りでなければ、
    質問して、聴くということが有効になります。

    聴くという行為の中には、相手を知るための情報が、
    言葉としても、非言語としてもたくさん出てきます。
    さらに、打ち解けやすくなりますので、有効です。

    NLPとは、コミュニケーションに関するスキルをたくさん学びます。
    その中の傾聴を使います。そして、NLPのラポールスキルを
    使いながら傾聴することで、より話しやすくなります。


    Author: taikenn
    • 日曜日, 12月 25th, 2011




    NLPのブレイク・ステートを罰の角度から学んで行きましょう。


    前回もお伝えしましたが、別の角度からブレイク・ステートを
    行なって行きましょう。


    前回は、関係ない質問をいきなりすることで、
    脳のスイッチを切り替えるということでした。


    「昨日の晩御飯は何を食べましたか?」


    などの質問です。
    自分自身に使うなら、その質問が脳のスイッチを切り替え、
    誰かに質問をするなら、関係ない質問での意外性もあり、
    なおさら効果的になります。


    相手に合わせて質問の内容やタイミングを考える必要はあります。


    では、今回のテーマである、別の角度から行なう
    NLPのブレイク・ステートとは何でしょうか?


    それは、気分を切り替える他の方法です。


    「美味しい食事やおいしいスイーツを食べると幸せな気分になる」

    「一人でカフェにいってティを飲んでいるとどんな気持ちも落ち着く」

    「子供の顔を見るだけで気分が切替わって、がんばろうという気持ちになる」


    など人によって、気分が切り替わる方法やポイントがあると思います。


    それも、NLPのブレイク・ステートです。
    できるだけ、いつでもどこでも切り替えのためにつかうことが
    できるように工夫をすることで、より良くなります。


    例えば。写真を持ち歩く、音楽プレーヤーを持ち歩く、
    イメージに焼き付ける、質問や言葉を活用する、
    安全地帯になる隠れ家的なお店を見つけるなどです。


    子育ての視点で言うと、気のおける人間関係を作っておくことも大事です。


    NLPのブレイク・ステートの原理は、「「脳のスイッチの切り替え」です。
    それによる思考や感情の切り替えが出来れば、
    NLPでいうブレイク・ステートになるのです。


    Author: taikenn
    • 日曜日, 11月 20th, 2011




    NLP資格のセミナーで学ぶブレイク・ステートをご紹介していきます。


    NLPでは自分の思考や感情を切り替えるために
    ブレイク・ステートというテクニックが存在しています。


    では、ブレイク・ステートについてのやり方です。
    質問を使って行なうことがオーソドクスです。


    NLP資格のセミナーの中で使われている
    主な質問の方法ですが、次のような質問です。


    「今朝、何を食べた?」


    いきなりこのような質問をします。
    いきなりと言っても話の流れの中です。


    例えば、友達が悩んでいるとします。


    話を聞いてから、相手に質問をしてみます。
    ところで「今朝は何を食べてきた?」


    「えっ」と思いながらも、
    質問されたら、答えteしまいますよね。


    するとその瞬間は思考が切り替わっています。
    NLPでいうフォーカスが変わっています。


    人間の脳は、言葉をイメージする性質があります。
    そして、イメージに伴って、感情も変わります。


    では、仮にですが、自分にとって気持ちのいい
    イメージをすることができたらいかがでしょうか?


    仮に皆さんの気分が悪いとします。
    その時に、次のような質問をしてみるとどうでしょうか?


    「ところで、今までで、とても嬉しかった瞬間はどんなとき?」


    このように、全く関係ない質問をします。
    そして、その質問の内容を変えていくことで、
    相手がイメージする内容が変わります。


    結果的に、気分も切り替わります。
    このNLPのブレイク・ステートの目的は、
    思考と感情をニュートラルにすることです。


    いろいろな質問を試してみましょう。
    この一呼吸が力を生み出してくれます。


    Author: taikenn
    • 火曜日, 10月 25th, 2011




    子供が苦手な人はいますか?


    今回は、「私は子供が苦手なの」という方にも
    価値のある内容を提供していきます。


    そして、これは子供だけでなく、
    大人同士のコミュニケーションでも
    使うことができます。


    使うことが出来るだけでなく、
    これを使うことで、NLPのラポールを
    築きやすくすることができます。


    結論からですが、
    「笑顔と笑い」です。


    例えば、初対面のこどもと接する際に、
    笑顔を作っているのと作っていないのとでは、
    全然、伝わるものが変わります。


    NLPプラクティショナーでは、
    非言語(ノンバーバル)ということを
    教えてくれますが、非言語の部分に
    影響を与えていくことができます。


    私たち人間は不思議です。前回の話で、
    NLPの前提「心と身体は1つの有機システムである」
    というものをご紹介しました。


    笑うことで気分が切り替わってしまいます。


    そして、今回の話でお伝えしたいことの一つは、
    私たち人間は、なぜか今、面白くなくても、
    楽しくなくても、目の前にいるコミュニケーションを
    取っている相手が楽しそうにしているとつられてしまいます。


    特に、相手が笑う射かけてきた時や
    笑っているときは一緒に笑ってしまいます。


    そして、気分が本当に楽しくなってしまいます。


    これを子供あいてにも、
    大人同士のコミュニケーションにも使います。


    すると、子供にとっても、
    コミュニケーションの相手にとっても、
    非常に話しやすい人間になります。


    そういう雰囲気や空気が出来るのです。
    使うと使わないとでは、大きな違いが生まれます。


    この大きな違いを生み出すちょっとしたポイントは、
    誰にでも活かすことができます。


    Author: taikenn
    • 火曜日, 9月 20th, 2011




    最近笑っていますか?


    今回は、NLPの前提の一つにある、
    「心と身体は1つの有機システムである」
    という内容を活用していきましょう。


    この意味は私たちの心と身体はつながっている
    ということを教えてくれています。


    例えば、ずっとうつむいていると段々と元気がなくなってきます。
    そんな経験はありませんか?


    これは、元気ではない時に使っている身体の使い方をしているからです。


    逆に、元気が無かったはずなのに、運動をしているうちに
    いつのまにか気づいたら「元気」になっていた。
    という経験はありませんか?


    これは身体を動かすことで活性化するのですが、
    元気な時に使っている身体の使いかなのです。


    言い方を変えると、NLPの前提の一つの
    「心と身体は1つの有機システムである」は、
    細胞の使い方で変化が出てくることを教えてくれます。


    元気な時の細胞の使い方、元気のないときの細胞の使い方。
    という視点で見てもおもしろいかもしれません。


    では、子育てなどで自分のあり方を変えてみようと考えたとします。
    仮の話です。できている方も多いと思いますので。


    仮に自分の在り方を変える時、一番の方法は「笑顔や笑いです」
    ニコニコしていると自然に心が元気になりませんか?


    相手に対して発する雰囲気も変わっているはずです。
    そのような人の周りには人も寄ってきます。


    これは何が起きているのかといいますと、
    NLPの前提の心と身体の繋がりを使っているのです。


    もしも、笑うのが最初は難しい場合は、
    「口角」を上げてみましょう。


    それだけで、気持ちが変わってくるのを感じるはずです。
    今回のNLPの前提をシンプルに使う一着の工夫にもなります。